海外旅行で語学を学ぼう。

留学やワーキングホリデーで語学力を身につける!ワーホリ生活で気づいたことをブログにしていきます

イギリス滞在中に免許が切れてしまう人は

      2015/06/16

期間前更新

国際免許証を取得しない人でも、イギリス滞在中に免許証が失効してしまう人は、出発前に更新(期間前更新)しておくことができる。この手続きは警察署ではできないので、免許センターにて行う。
更新方法は、③のパスポートなどのチェックがあるほかは、通常の更新と変わらない。

手続きに必要なもの

①運転免許証
②更新手数料(2250円)+講習料(700円~)
③やむを得ない理由を確認するための書類(パスポート等)

期限切れの手続き

イギリス滞在中に免許が失効した場合は、帰国後に「期限切れの手続き」をすれば、わざわざ再公布しなくても済む。この手続きも、警察署ではなく免許センターで行う。
この手続きは、失効後3年以内(ただし、その間ずっと海外にいたなどやむを得ない事情がある場合のみ)で、さらに帰国後1ヶ月以内なら、通常の更新と同様の手続きで良い。

日本に帰国してから、失効してしまった免許証の「期限切れの手続き」をすることもできる。この手続きも警察署ではなく、免許センターで行う。この手続きは、帰国してから1ヶ月以内でなければできないので注意。

手続きに必要なもの

①運転免許証
②本籍地が記載された住民票
③写真1枚(6ヶ月以内に撮影されたもの。タテ3cm×ヨコ2.4cm)
④手数料(地域によって異なる)+講習料(700円~)
⑤やむを得ない理由を確認するための書類(パスポート等)

 - 国際運転免許証